冷える足のむくみを改善

足のむくみの原因を知る

足のむくみの原因とは

ブヨブヨに膨らんで見える「むくみ」は、女性にとって悩みの種です。特に足は頻繁にむくんで、夕方には靴がきつくなったり、指で押すと凹みが目立つほどになります。こんな足のむくみを解消するには、できやすい原因を知って対策しなければいけません。

むくみの正体は、体内で不要になった水分です。本来ならリンパ管や静脈から戻り、肝臓で老廃物を処理した後で再び循環しますが、何らかの理由でこれらのめぐりが悪くなってしまうと、不要な水分はその場で滞ってしまいます。

特に足は体の下にあるので、重力の影響を受けます。長時間立ちっぱなしでいると血液が集中するのです。こうなると血管内の圧力が上がり過ぎて、不要な水分が入り込む余地がなくなってしまいます。

また、一度つま先まで達した血液が再び心臓まで戻るには、重力に逆らって足を上っていかなければいけません。その時にポンプの役割を果たすのがふくらはぎの筋肉です。けれども運動不足で衰えてしまうと、やはり血液が戻れず、水分も滞ってしまいます。下半身は冷えやすいため、こうした水分のせいで冷え性になるのです。

他にも塩分の取り過ぎで血中の水分が増えてむくんだり、肝臓や腎臓の病気でむくむ場合もあります。それまで何でも無かったのに急にむくむようになったり、痛みを伴う場合は病院で診てもらった方が良さそうです。

普通のむくみであれば、原因となる要素を1つずつ解消していきます。特にめぐりの悪さが根底にあるので、半身浴やマッサージなどで血行を良くします。足に血が溜まらないように時々は体や足を動かしましょう。塩分はカリウムを含む食べ物で排出を促します。定期的な運動は血行を良くするだけでなく、ふくらはぎの筋肉を鍛えてくれるでしょう。

Copyright © 足のむくみの原因を知る. All rights reserved.